PLC(高速電力線通信)とは

スポンサードリンク

PLC(高速電力線通信)は、電力線を通信回線としても利用する技術です。今まで電気を送るだけだった家庭内の電気配線(電力線)に、情報信号を乗せて送る通信技術です。映像や音声などの情報データを高周波の信号(4MHz〜30MHz)に変換して電力線に乗せ、双方向の通信を行います。
日本国内での電力線通信は屋内利用に限られていますが、有線LAN(イーサネットケーブル)や無線LANと共にLANを構築する要素技術の一つとなっています。 一般家庭向けの製品や、ビルや集合住宅内、工場内で回線を引き回す用途として、各社から製品が販売されています。

PLC同士の相互干渉

PLCの発生する信号は近距離ならば配電盤を越えて伝わるため、集合住宅内で使用した場合、配電状況によっては近隣の部屋に影響を及ぼす可能性があります。この際、相互に影響を及ぼす範囲の部屋で複数系統(同方式、異方式を問わない)PLC機器を使用した場合、帯域を相互に食い合うために速度が低下する可能性が指摘されています。特に異なる方式のPLC機器を用いる場合、お互いにノイズ源となるため、通信速度が落ちる、あるいは、通信が不能になることが指摘されており、実際、製造メーカーの広告においても同種の注意がなされている場合があります。PLCを導入する場合は、同じメーカーのものを使ったほうが無難です。

設定の必要がないので誰でも設置可能

コンセントに挿すだけのカンタン設定なので、ネットワーク初心者には断然、PLCアダプターがオススメです。
しかもPLCアダプターなら、無線LANに比べ“レイアウトの自由さ”に多少の制限はありますが、無線LANでは電波が届きにくい別フロアでも、電力線を利用するので、壁などの障害物の影響を受けにくく、ホームネットワークの構築に最適です。
ネットワークの接続設定が難しいのでは・・・と感じているネットワーク初心者にオススメです。

スポンサードリンク

動画再生も快適!高速データ転送が可能

ハイビジョン映像の伝送も可能な、IEEE802.11a/gを超える最大190Mbps(理論値)の高速ネットワークを実現しています。
しかも、無線LANでのネットワークに比べて、通信スピードが低下しにくい環境を構築できます。